COLUMN お役立ちコラム

建売住宅と分譲住宅の違いとは?

2022.05.26

「建売住宅と分譲住宅の違いが分からない」と住宅選びに悩んではいませんか。今後長く住み続けることになる住宅は、自分に合ったものを選びたいですよね。

この記事では、建売住宅と分譲住宅の特徴を整理し、購入に向いている人についてもご紹介しています。新築住宅の購入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

建売住宅とは

建売住宅は、建物が完成した状態や建築している状態で販売されている住宅です。土地と建物がセットになっていて、間取りや仕様も最初からほぼ決まっています。建売住宅が建てられる土地はハウスメーカー(建築会社)が買い取った小規模のもので、間取りや構造はその土地の向きや形状などを考慮して設計されます。

分譲住宅とは

分譲住宅は、建売住宅と同じように土地と建物がセットで販売されており、間取りや仕様もほとんど決まっています。広い土地を区画に区切って住宅を建てるため、同じようなデザインの住宅が多いことが特徴です。大規模な開発になると、商業施設や病院なども整備されるため、新しい街ができるといったイメージになるでしょう。

建売住宅との大きな違いは、区間が小規模か大規模なだけで「建売住宅」と「分譲住宅」では
ほぼ同じ意味と捉えてもよいでしょう。

 

建売住宅と分譲住宅のメリットやデメリット

ここでは、建売住宅と分譲住宅の良い面と悪い面についてご紹介します。

 

建売住宅と分譲住宅のメリット

建売住宅と分譲住宅の良さとして、以下の4点が挙げられます。

  • 建物や設備を実際に見てから購入できる
  • 住宅ローンを使って土地と建物代金を一括で払える
  • 住宅購入の費用が抑えられる
  • 入居までの期間を短縮できる

建物や設備を実際に見てから購入できる

住宅を実際に確認してから購入を決められるのは大きなメリットです。図面だけでは分からない間取りや設備、日当たりなどをチェックできるので、入居後に「思っていたのとは違った」と後悔することを避けられるでしょう。

住宅ローンを使って土地と建物代金を一括で払える

注文住宅は土地代をつなぎローン、建物代を住宅ローンというように分けて支払うことが一般的です。しかし、建売住宅や分譲住宅は住宅ローンでまとめて支払えるため、つなぎローンにかかる利息が発生しない分、経済的な負担を抑えられます。

住宅購入の費用が抑えられる

建売住宅や分譲住宅は、住宅建築にかかる費用を抑えられます。注文住宅と異なり、住宅の設計や設備の仕様などを細かく決める必要がなく、資材の仕入もまとめてできます。そのため、住宅建築にかかるコストが下がり、注文住宅よりも手頃な価格での購入につながります。

入居までの期間を短縮できる

建売住宅や分譲住宅は建築済み、建築中で販売されていることが多いです。完成済みの物件に関しては、 契約から入居までの期間が短いという特徴があります。お子さんの転校手続きなど職場の異動など、今後の生活の見通しを持ちやすいこともメリットといえるでしょう。

 

建売住宅と分譲住宅のデメリット

建売住宅と分譲住宅のデメリットとして、以下の4点が挙げられます。 デメリット

  • 間取りが決められない
  • 土地の状態などが判断しづらい
  • 住宅の場所が校外になる場合も
  • 契約から入居までの期間が短い

間取りが決められない

建売住宅や分譲住宅はその土地に合わせて間取りや仕様が決められているため、多くの場合は自分で間取りを決められません。間取りに自分が適応していく生活になるため、住宅にこだわりがある方や自分の思い描く住宅に住みたい方は、注文住宅の方が向いているでしょう。

土地の状態などが判断しづらい

すでに建てられた住宅の場合、住宅の下になっている土地の状態は確認が難しくなります。建物自体が丈夫でも、土地の状態が悪いと液状化などのリスクがあります。不動産会社に確認する方法もありますが、それでも心配な場合は建築士などの専門家に依頼して調査してもらうとよいでしょう。

同じような外観が多い

特に分譲住宅は同じ土地を区画に分けて多くの住宅を建築するため、似たようなデザインの住宅が建てられます。街自体の外観は統一されていてきれいですが、自分の家であるという個性を出しづらいのがデメリットと感じる方もいるでしょう。

住宅の場所が校外になる場合も

特に分譲住宅では広い土地を買い取って開発することになるため、場所が 郊外になることも多くあります。商業施設や病院などの生活インフラも同時に整備されることは多いのですが、購入前に周辺の環境や最寄り駅までの距離などを調べておくと安心です。

 

建売住宅と分譲住宅が適している人

ここでは、建売住宅と分譲住宅の購入に適している人についてご紹介します。

予算を抑えたい人

「住宅を購入したいが予算はそこまで多くない」という方は特に向いているといえるでしょう。建売住宅や分譲住宅は、注文住宅のように一からすべてを決める必要がないため、設備自体の費用を抑えられます。建売住宅も分譲住宅も、資材を大量に仕入れて同じような住宅をいくつも建築し、建築費用を抑えています。少しでも安く住宅を購入したい方にとってはうれしいメリットです。

早く入居したい人

契約から入居までの期間が短い建売住宅や分譲住宅は、住宅が出来上がっている場合はすぐに引っ越しできます。建築中でも計画に沿ってある程度の見通しが立てられるので、計画が立てやすいです。特にお子さんのいる家庭だと幼稚園や保育園、学校などの関係もあるので、早めに予定が立てられるのは大きな魅力ですよね。

実際に建物を見てから入居したい人

実際に入居後の生活をイメージしたい、内装を見てから決めたいという方には建売住宅や分譲住宅がおすすめです。部屋の広さや設備など実際に見ておくことで、入居後に後悔する可能性を減らすことにもつながります。

 

建売住宅や分譲住宅のメリットやデメリットを比較して購入を検討しよう

本記事では、建売住宅と分譲住宅の特徴を整理し、購入に向いている人について解説しました。建売住宅や分譲住宅は「自分で間取りが決められない」「似た外観が多い」などのデメリットもありますが、「住宅購入費用を抑えられる」「早く入居できる」といったメリットもあります。ご自分の生活スタイルや理想を照らし合わせ、検討してみてください。

札幌市の建売住宅についてはソウハウスにお問い合わせください。

関連記事

新築の照明の種類と選び方のポイント

新築なのになぜ床鳴りが?原因と対処法・注意点を押さえよう

建売住宅の平均寿命と長持ちさせるコツ