COLUMN お役立ちコラム

札幌市豊平区の特徴とは?住みやすさやアクセスを詳しく紹介

2022.11.25

札幌市豊平区は、新しく住まいを建てたいと考えている30代の夫婦におすすめのエリアです。
豊平区は札幌市の南東部に位置し、羊ヶ丘や西岡などの緑豊かな丘陵地と山林が区域の半分を占めています。
自然に囲まれていながらも、都心から近く、住みやすい要素がいくつもあるのはご存じでしたか?
本記事では札幌市豊平区の魅力を詳しく解説していますので、引っ越しを検討している方はぜひ参考にしてください。

札幌市豊平区の住みやすさ

札幌市豊平区は比較的都心に近く、交通アクセスが良好です。
北海学園大学を始めとして大学が複数あるため、学生が多く住むエリアでもあります。
札幌市豊平区の特徴は以下のとおりです。

電車やバス

札幌市豊平区の公共交通機関には、バスや地下鉄があります。
バスの運行本数も多く、札幌駅や大通駅はもちろん、北海道の玄関口である新千歳空港へもスムーズに行けるので利便性が高い地域です。
地下鉄の通ってない地域にもバスが走っているため、移動に困ることはほとんどないでしょう。

札幌市豊平区は、比較的都心に近いため交通量は多めです。
バスや地下鉄が充実しているので、日常生活を送る分には車がなくてもさほど不便は感じないでしょう。
駅から離れたエリアに住んでいる場合は、車があれば外食や買い物がより便利になります。
また、隣の白石区には道央自動車道が通っているため、遠出をする際の移動もスムーズです。

買い物

札幌市豊平区には、イオン札幌西岡店やほっとスペース、ブランチ札幌月寒など大きなショッピングモールがあります。
スーパーマーケットやドラッグストアも多くあるので、日常生活をおくる上で大きな不便は感じないでしょう。
札幌市豊平区にはKKR札幌医療センターや北海道病院などの大きな病院もあるため、万が一の事態にも備えながら生活できる点も安心です。

子育て、教育

札幌市豊平区には、保健センターや子育て支援窓口もあるため、子育てするうえで悩みや不安があればすぐに相談できます
交通の便も良いので、車がなくても子どもを連れて遠くまで遊びに行けるでしょう。
また、大小さまざまな公園があるので、子どもがのびのびできる環境も整っています。

治安

札幌市豊平区は、比較的都心に近いにも関わらず治安は悪くないエリアです。
札幌市豊平区における、令和4年1〜7月の犯罪発生件数は以下のとおりです。
札幌市豊平区と近郊の市における犯罪発生の件数

豊平区 南区 東区 北区 西区 中央区
犯罪件数 547件 124件 599件 843件 400件 1371件

参照元:札幌市 札幌市の犯罪情勢

自然環境

札幌市豊平区には、望月寒川・月寒川・吉田川などいくつもの河川が流れています。
川沿いでは、美しい川を眺めながらランニングや散歩を楽しめるのが魅力です。
豊平区民に人気がある豊平公園では、毎年たくさんの種類の植物の開花が見られます。
園内にはテニスコートや遊具もあるので、緑に囲まれた綺麗な空気の中で汗を流すのも良いでしょう。
温水プールも備わっているので、肌寒い日でも子どもと一緒に楽しめます。

札幌市豊平区のおすすめ子連れスポット

札幌市豊平区には、子連れで出かけることができるさまざまなスポットがあります。
なかでも、以下で紹介する3つのスポットは、多くの人が訪れる人気の場所です。

①さっぽろ羊ヶ丘展望台

札幌市豊平区にあるさっぽろ羊ヶ丘展望台は、北海道内でも屈指の観光名所です。
展望台内に置かれている、ウィリアム・スミス・クラーク博士の像を見るために、たくさんの観光客が訪れています。
YOSAKOIや秋の味覚まつり、冬花火体験など1年を通して多くのイベントが開催されているのも特徴です。
子どもと一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか。

②HOKUBU記念絵画館

HOKUBU記念絵画館は、豊平川の近くにある小さな美術館です。
HOKUBU記念絵画館では、主に具象を軸とした日本の油絵と木版画などの絵画が展覧されています。
展⽰室内には図書の閲覧やドリンクのサービスもあるので、子どもと来ても休憩を挟みながらゆっくりと絵画が楽しめます。
時間別予約制となっているため、事前の予約を忘れないようにしましょう。

③豊平公園

豊平公園にはたくさんの種類の植物が咲いており、園内開花カレンダーを確認することで1年中季節の花が楽しめます。
豊平公園内にある樹林区域では、様々な野鳥を見ることができるため、子どもとバードウォッチングするのも良いでしょう。
赤ちゃんルームも用意されているので、赤ちゃんのうちから豊かな自然を体験させてあげられます。
遊具やテニスコート、温水プールも備わっているので、1日中いても遊びきれないでしょう。

札幌市豊平区から中心部や空港までの交通アクセス

豊平区内から、札幌市の中心部や空港まで移動する際の、交通アクセスと所要時間は以下の通りです。
なお、今回は札幌市豊平区の「地下鉄福住駅」から乗車したケースを紹介します。

地下鉄東豊線福住駅から大通駅までの所要時間

地下鉄東豊線福住駅から大通駅までは、約12分です。
乗り換えする必要なく、1本でたどり着けます。

地下鉄東豊線福住駅から新千歳空港までの所要時間

地下鉄東豊線福住駅から新千歳空港までは、約48分です。
こちらも乗り換えする必要なく、空港連絡バス1本でたどり着けます。

札幌市豊平区の3つの魅力

豊平区は札幌市の南東部に位置し、都心に近いながらも閑静な住宅街が広がる自然豊かな人気のあるエリアです。
札幌市豊平区には、以下のような魅力があります。

魅力①都心から近い

札幌市豊平区は、豊かな美しい自然に囲まれていています。
閑静な住宅街が多いエリアにもかかわらず、都心まで約10分で行くことができるのが魅力の1つです。
都心から少し離れるだけでも、家賃や土地の値段を抑えることができるので、新築を建てたい人にもおすすめできるエリアです。

魅力②公園の数が豊富

札幌市豊平区には、たくさんの公園があります。
特に人気があるのは、豊平公園、月寒公園、東月寒公園などの大きな公園です。
東月寒公園では、夏になると階段状に作られた遊水路で子どもたちが涼んでいます。
冬にはスキー山でソリ滑りやスキーの練習ができるため、冬もたくさんの親子連れで賑わっています。
札幌市豊平区では1年を通して遊べる公園が多くあるので、冬でも子どもの遊び場に困ることはないでしょう。

魅力③札幌ドーム

札幌市豊平区の人気スポットといえば、全国的に有名な札幌ドームは欠かせないでしょう。
札幌ドームは最大収容人数が5万人を超える巨大スタジアムで、サッカーや野球、コンサートなどさまざまなイベントが行われています。
札幌ドームには、生後2か月から小学校入学前の子どもを預けることのできる託児室も用意されています。
大人だけで集中してサッカーや野球の試合観戦をしたいときや、ゆっくりコンサートを鑑賞したいときに利用してみてはいかがでしょうか。

札幌市豊平区は自然と共存できる街

豊平区は札幌市の南東部に位置し、区域の半分を緑豊かな丘陵地と山林が占めています。
大通エリアまでは地下鉄に乗って約12分、新千歳空港までは約48分で行くことができます。
また、自然を感じられる豊平公園や月寒公園、観光地として有名なさっぽろ羊ヶ丘展望台や札幌ドームがあるという点も魅力です。
札幌市豊平区で自然を感じながら暮らし、家族での思い出を作ってみてはいかがでしょうか。
ソウハウスでは、札幌市のエリアにこだわった住み心地のよい新築建売住宅を提供しています。
札幌市豊平区で新築建売に住みたいとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

住宅購入における頭金の平均金額はいくら?

建売住宅の人気の間取りとは?意識するポイントもご紹介

家を買うタイミングはいつが最適?住宅購入者の平均年齢と平均年収