COLUMN お役立ちコラム

札幌市白石区の特徴とは?住みやすさやアクセスを詳しく紹介

2022.10.20

結婚や転勤などを機に、札幌市白石区に移り住むことを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
白石区は札幌市内のベッドタウンとして非常に人気があり、家賃も安く家族でも住みやすいと評判の高いエリアです。
本記事では、札幌市白石区の住みやすさや特徴、魅力などを詳しく紹介します。
札幌市白石区に住むことを検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

札幌市白石区の住みやすさ

札幌市白石区は、都心に近いわりに家賃が安いという特徴があります。
地下鉄、バス、JRと交通の利便性も高く、生活しやすいエリアとして知られています。
札幌市白石区の特徴は以下の通りです。

電車やバス

札幌市白石区は、交通機関が充実しています。
JRや地下鉄のほかバスの運行本数も多く、札幌駅や大通駅はもちろん、新千歳空港へもスムーズに行けるので利便性が高い地域です。

札幌市白石区は、本郷通商店街など小さな飲食店街がいくつかあります。
駅から離れたエリアに住んでいる場合は、車があると外食や買い物がより便利になります。
大きなスーパーやショッピングモールでは駐車場も完備されているので、駐車場所に困ることもないでしょう。
また、道央自動車道が通っているため、遠出をする際も最短での移動が可能です。

買い物

札幌市白石区には、ラソラ札幌白石ガーデンプレイスなど大きなショッピングモールがあります。
小さなスーパーマーケットやコンビニも多くあるので、日常生活をおくる上で大きな不便は感じないでしょう。
ドラッグストアや医療機関などもあるため、突然体調不良になったときでも安心です。

子育て・教育

札幌市白石区には、保健センターや子育て支援窓口もあるため、子育てするうえでわからないことや不安なことがあれば相談できる環境が整っています。
交通の便も良いので、車がなくても子どもを連れてさまざまなところに行けるでしょう。
また、公園もたくさんあるので、子どもがのびのびと成長できる環境が整備されています。

治安

白石区は、札幌市のなかでは犯罪発生率が低めで、比較的治安が良いエリアです。
札幌市白石区における、令和4年1〜7月の犯罪発生件数は以下のとおりです。

札幌市南区と近郊の市における犯罪発生の件数

  白石区 南区 東区 北区 西区 中央区
犯罪件数 445件 124件 599件 843件 400件 1371件

参照元:札幌市白市区の犯罪情勢

自然環境

札幌市白石区は豊平川と厚別川に挟まれているので、自然に触れられる場所が多くあります。
川下公園には球場やテニスコートもあり、緑に囲まれながら汗を流して運動しても良いでしょう。
毎年5〜6月にはライラック祭りも行われるので、満開のライラックを見ながらのピクニックも楽しめます。
大通駅まで2駅と都心部に近いにも関わらず、公園や緑地など豊かな自然が共存しているエリアです。

 

札幌市白石区のおすすめ子連れスポット

札幌市白石区には、子連れで出かけることができるさまざまなスポットがあります。
なかでも、以下で紹介する3つのスポットは、多くの人が訪れる人気の場所です。

①川下公園

川下公園は、札幌市白石区で1番大きな公園です。
ここでは約200種類、1700株にも及ぶライラックが有名で、毎年たくさんの人が花を見に訪れています。
5月中旬から7月上旬までの間に見られるので、この期間は観光客や子連れの家族で賑わうでしょう。
また、川下公園内には、リラックスプラザという温水プールや浴室、室内公園やウォーキングコースを備えた施設があります。
館内には食堂もあるので、雨の日も子どもが飽きずに1日遊べるスポットとして人気です。

②札幌市民防災センター

札幌市白石区にある札幌市民防災センターは、体験型防災学習施設となっていて、あらゆる災害の体験ができる施設です。
ここでは地震体験や消化体験、煙避難体験など、実際に災害が起きた際に対応できるような知識や行動が学べます。
実際にはしご車に乗ってみたり、煙からの非難練習ができたりと、普段なかなかできない体験ができるので、親子連れでも楽しめること間違いなしです。

③白石こころーど

札幌市白石区にある、白石こころーどの正式名称は「道道札幌恵庭自転車道線」。
札幌コンベンションセンターからJR北広島駅まで続く、自転車と歩行者専用の道路です。
サイクリングやジョギング、犬の散歩など多くの人が行き交っています。
道沿いには桜が約700本植えられており、春には桜のアーケードができあがります。
そのほか5月中旬から下旬はライラック、10月下旬から11月下旬は紅葉と、子どもと一緒に季節の変化が楽しめるでしょう。

 

札幌市白石区から中心部や空港までの交通アクセス

白石区内から、札幌市の中心部や空港まで移動する際の、交通アクセスと所要時間は以下の通りです。
なお、今回は札幌市白石区の「JR白石駅」「地下鉄白石駅」から乗車したケースを紹介します。

JR白石駅から札幌駅までの所要時間

JR白石駅から札幌駅までは、エアポートで約7分です。
乗り換えする必要なく、1本でたどり着けます。

地下鉄東西線白石駅から大通駅までの所要時間

地下鉄東西線白石駅から大通駅までは、約8分です。
こちらも乗り換えする必要なく、1本でたどり着けます。

JR白石駅から新千歳空港までの所要時間

JR白石駅から新千歳空港駅までは、途中札幌駅で乗り換えます。快速エアポートに乗って約35〜40分です。

 

札幌市白石区の3つの魅力

札幌市白石区は、札幌市内のベッドタウンとして非常に人気があり、家賃も安く家族でも住みやすいエリアです。
札幌市白石区には、以下のような魅力があります。

魅力①交通機関の充実

札幌市白石区は、JRや地下鉄、バスなどの公共交通機関が充実しているエリアです。
主要駅から札幌駅エリアまでは電車に乗って約7分、新千歳空港駅までは約35〜45分でたどり着けます。
また、都心からも近く、交通機関が豊富なので、車を所有していなくてもさほど不便は感じないでしょう。

魅力②自然が豊か

札幌市白石区は、都心からも近くマンションも多く建っていますが、川や緑のある自然豊かなエリアです。
桜やライラック、紅葉など季節の変化を楽しめる白石こころーどや緑豊かで大きな川下公園は、どちらも区民の憩いの場となっています。
自然を感じながら子育てしたい家庭にも、札幌市白石区はおすすめです。

魅力③都心から近い

札幌市白石区は都心から電車でわずか2駅のところにあり、自転車で気軽に買い物や用を足しに行ける距離にあります。
都心から近いにも関わらず家賃相場が安いので、新築戸建てを建てるのにもおすすめのエリアです。
都心から近く、自然豊かな環境に住めるという点は、札幌市白石区ならではの魅力だといえるでしょう。

 

札幌市白石区の魅力を知り移住を検討しよう

札幌市のベッドタウンとして人気のある白石区は、家賃相場が安く、自然豊かなエリアです。
公共交通機関が充実しているため、札幌駅エリアまでは電車に乗って約7分、新千歳空港駅までは約35〜45分でたどり着けます。
また、雨の日でも屋内プールや室内公園で遊べる川下公園や、ジョギングやサイクリングが楽しめる白石こころーどなど、親子連れで楽しめるスポットの多さも魅力です。
札幌市白石区で新たな生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

ソウハウスでは、札幌市のエリアにこだわった住み心地のよい新築建売住宅を提供しています。
札幌市白石区で新築建売に住みたいとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

札幌市北区の特徴とは?住みやすさやアクセスを詳しく紹介

メリット・デメリットから考える戸建てとマンションの違い

家を買うメリット5選!賃貸住宅とメリット・デメリットを徹底比較