COLUMN お役立ちコラム

札幌市北区の特徴とは?住みやすさやアクセスを詳しく紹介

2022.08.31

転勤や結婚といったライフステージの変化に伴い、札幌市北区に引っ越すことをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
札幌市北区は交通の便がよく、さまざまな種類の店舗が並んでいることから、生活環境が充実しているエリアとして知られています。

本記事では、札幌市北区の住みやすさや特徴、おすすめの子連れスポットなどを紹介します。
札幌市北区に住むことを視野に入れているという方は、ぜひ最後までご覧ください。

札幌市北区の住みやすさ

札幌市北区は、歴史を感じられる街並みと美しい自然が魅力的なエリアです。
なかでも、創成川沿いのポプラ並木やイチョウ並木は、季節によって異なる雰囲気が楽しめるスポットとして地元住民のあいだで知られています。

札幌市北区の特徴は以下のとおりです。

電車やバス

札幌市北区は公共交通機関が充実しており、区内にはJRや地下鉄が通っています。
市内中心部へのアクセスもよく、電車を使えば、大通エリアまで約11分で行くことができます。

また、バス停の数も多く、区内を北海道中央バスやジェイ・アール北海道バスが循環していることから、利便性が高いエリアだといえるでしょう。

札幌市北区内を通る石狩街道沿いには、さまざまな商業施設や飲食店が並んでいます。
車を使えば、ショッピングや食事も楽しみやすくなるでしょう。
また、札幌北IC (高速道路)があるので車を使った遠出もスムーズにできます。

買い物

札幌市北区は、スーパーマーケットやドラッグストアなどが多く並んでいます。
また、電車やバスなどの交通機関も充実しているため、車を所有していなくても区内の移動や買い物には困らないでしょう。

子育て・教育

札幌市北区は、落ち着いた街並みと美しい自然が調和したエリアのため、豊かな自然と触れ合いながらお子さまを育てることができるでしょう。

また、子育ての相談ができる窓口や、子どもたちの交流や絵本の読み聞かせといったサービスを提供している支援施設も充実しています。

治安

札幌市北区の犯罪件数は、同じ市内のほかの区と比べると比較的高い傾向にあります。
しかし、中央区と比べると犯罪件数は半分近くにまで減ります。

また、同じ北区でも、あいの里は比較的治安がよいエリアです。
反対に、北24条や麻生周辺は歓楽街で、夜も少し賑やかな場所になるため、気になる方はあいの里周辺などの郊外エリアを選ぶとよいでしょう。

 

札幌市北区における、令和4年の犯罪発生件数は以下のとおりです。

 

月別 北区 東区 中央区
令和4年1月 70件 58件 157件
令和4年2月 71件 57件 101件
令和4年3月 85件 59件 153件
合計 226件 174件 411件

 

参照元:札幌市 札幌市の犯罪情勢
https://www.city.sapporo.jp/shimin/chiiki-bohan/ku20kita.html

自然環境

札幌市北区は、交通の利便性と自然の美しさを兼ね揃えたエリアです。
北大イチョウ並木は、四季の美しさを感じられるスポットとして全国的に知られており、百合が原公園やエルムの森公園では豊かな自然と触れ合うことができます。

 

札幌市北区おすすめ子連れスポット

札幌市北区には、子連れで出かけることができるスポットが数多くあります。

なかでも、以下の紹介する場所は、多くの人が訪れる人気が高いスポットとして知られています。

スポット①百合が原公園

北区百合が原にある「百合が原公園」は、ユリやバラ、ライラックなどの草木が鑑賞できる公園です。
園内には3,500種類以上の草木が植えられているので、季節によってさまざまな景色が楽しめます。

また、公園内をゆっくり周回する列車に乗ることもできるので、小さなお子さまにもおすすめのスポットです。

スポット②北海道大学総合博物館

北区百合にある「北海道大学総合博物館」は、北海道大学の構内にある、入場料が無料の博物館です。
約13,000点の恐竜や昆虫、植物などの標本が収蔵されており、休日は多くの人で賑わいます。

また、標本の展示だけではなく、北海道の歴史や展示物を解説するセミナーも定期的に開催されています。

スポット③シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ

北区東茨戸にある「シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ」は、札幌市内でも有名なリゾートホテルです。
プールや温泉、そしてエステやフィットネスといったサービスが充実しているので、年末年始や休日には多くの人で賑わいます。

プールや温泉に入ったあとに、施設内の飲食店で食事を楽しむこともできるので、親子連れにはおすすめのスポットです。

 

札幌市北区内から中心部や空港までの交通アクセス

北区内から、札幌市の中心部や空港まで移動する際の、交通アクセスと所要時間は以下のとおりです。
なお、今回は札幌市北区の「新琴似駅」「地下鉄麻生駅」から乗車したケースを紹介します。

JR新琴似駅から札幌駅までの所要時間

JR新琴似駅から札幌駅までは、約12分です。

地下鉄南北線麻生駅から大通駅までの所要時間

地下鉄南北線麻生駅から大通駅までは、約11分です。

地下鉄麻生駅から新千歳空港までの所要時間

地下鉄麻生駅から新千歳空港までは、北海道中央バスに乗って約50分です。

 

札幌市北区の3つの魅力

札幌市北区には、以下のような魅力があります。

魅力①住宅と自然が共存している

札幌市北区は、住宅と美しい自然が調和したエリアのため、日常生活のなかで自然を感じることができます。
ポプラ並木や百合が原公園は、四季を通じて美しい景色を見せてくれることから、全国的に有名なスポットとして知られています。

美しい自然のなかで日常生活を送ることができるという点は、札幌市北区ならではの魅力です。

魅力②交通の便がよい

札幌市北区は、電車やバスなどの公共交通機関が充実しているエリアです。
市内中心部や空港へのアクセスもよく、主要駅から大通エリアまでは電車に乗って約11分、そして空港まではバスに乗って約50分で行くことができます。

魅力③子どもが学べる施設が充実している

札幌市北区は、子どもが学べる施設が多くあります。
恐竜や昆虫の標本が展示されている北海道大学総合博物館や、下水処理のことが勉強できる札幌市下水道科学館などは、お子さまには特におすすめです。

 

札幌市北区の住みやすさの特徴は美しい自然や交通の便のよさにある

札幌市北区は、落ち着いた街並みと美しい自然が共存しています。
札幌市のなかでも治安がよく、交通の便も発達していることから、多くの人が住んでいるエリアとして知られています。
また、北海道大学総合博物館をはじめとした子供が学べる施設や、美しい草木を鑑賞できる百合が原公園といったお出かけスポットも充実しているので、子育てには最適の環境です。

ソウハウスでは、札幌市のエリアにこだわった住み心地のよい新築建売住宅を提供しています。
札幌市北区で新築建売に住みたいとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

建売住宅を見学する際に意識するポイント

住宅ローンの流れを解説!必要書類や申請にかかる費用について

建売住宅で後悔しないために意識するポイント