COLUMN お役立ちコラム

住宅購入における頭金の平均金額はいくら?

2022.03.16

住宅の購入を考えているけど、頭金ってどれくらい用意しておけばいいのだろう……。
そんな疑問を持っている人もいるかもしれません。
ここでは、家を買う際に必要な頭金について解説。
住戸ごとの頭金の平均額や支払うタイミング、支払う際の注意点などについてお伝えしています。
「頭金を貯められるか不安」「1円でも頭金を安くしたい」と考えている人は、ぜひご覧ください。

頭金とは

頭金とは、住宅価格からローン分を差し引いた金額のこと。

頭金を入れることで、借入額を減らすことができ、毎月の出費を減額できたり、将来的に繰り上げ返済も視野にいれることができる可能性もあります。

頭金は住宅購入価格の1割程度が目安といわれています。
例えば、3,000万円の住宅を購入する際は、1割分の300万円は頭金として用意できるといいと思います。

 

住宅購入する際の頭金の平均額

頭金の平均額を紹介します。
(出典:「2020年度 フラット35利用者調査」)

注文住宅

619.0万円(融資金額の平均は2,822.8万円)。

土地付注文住宅

440.5万円(融資金額の平均は3,765.5万円)。

建売住宅

247.3万円(融資金額の平均は3,032.8万円)。

中古戸建

198.7万円(融資金額の平均は2,144.5万円)。

マンション

758.1万円(融資金額の平均は3,606.5万円)。

中古マンション

343.4万円(融資金額の平均は2,479.5万円)。

 

頭金を支払うタイミング

頭金は通常、契約後から物件の引き渡しまでの期間に支払います。

しかし実際に支払うタイミングは、会社や物件ごとに異なるため、営業担当者に確認しましょう。

例えば、物件を購入する際、申込金として頭金の一部を支払うことを求められるかもしれません。

頭金は、必ずしも一括で支払うものと決まっているわけではありません。
分割払いの可能性があることも、考慮しておきましょう。

 

頭金を支払う際の注意点

頭金を支払う際の3つの注意点をお伝えします。

注意点1.購入時の諸費用を用意しておく

住宅を購入する際は、住宅購入価格以外にも、印紙税や登記費用などもろもろの経費がかかってきます。その他にも、引越し費用や家具家電を新たに購入する場合も多いのではないでしょうか。
あらかじめ使用する額を予測しておき、ある程度のお金は手元に残しておくようにしましょう。

注意点2.万が一の予備費用を残しておく

毎日の生活でいつ何時どのような事態に見舞われるか分かりません。
ある日突然、病気や事故などがおそいかかってくることもあるでしょう。
ほかにも、車が必要になったり、子どもの学費が想定外に高かったりすることもありますよね。
このようなときも、預金を全額、頭金に投じてしまったら対処できません。
何が起きてもいいよう、少なくとも3カ月分、余裕があれば1年分の生活費ぐらいは手元に残しておくことをおすすめします。
全額頭金で支払える場合でも、残りの預貯金で生活していけるのか。
考えたうえで、頭金の額を決めていきましょう。

注意点3.住宅ローン控除についても考慮してから金額を決める

住宅ローン控除とは、住宅ローンを使ってマイホームを購入した際、条件に当てはまれば、所得税の減額措置を受けられる制度のこと。
入居後13年間は控除の適用期間となります。

住宅ローン控除は、住宅ローン等の年末残高(最高5,000万円)×0.7%で算出されるため、残高が多いほど得になります。
そのため、頭金を少なくして、13年間控除の恩恵を受けて、繰り上げ返済したほうが得になるかもしれません。

このように、どのような支払い方法が最も得か、あらゆる角度から検討してみて、頭金の額を決定できるといいでしょう。

 

頭金はゼロは可能か

頭金ゼロでも不動産を購入することそのものは可能です。
では、頭金ゼロのメリット・デメリットは何か。それぞれ見ていきましょう。

頭金ゼロのメリット

頭金ゼロの2つのメリットをお伝えします。

メリット1.現金を残せる

頭金ゼロのメリットとして挙げられるのが、手元に現金を残せること。
不動産購入のために、すべての現金を投じてしまうと、その後事故や災害など何かあったときに手元に現金がなくて困ってしまう、といった事態が考えられます。
そうならないためにも、全額頭金にしてしまうことはやめといたほうがいいでしょう。

メリット2.欲しい物件を即座に買える

また手元にお金がないけど、「今すぐこの物件が欲しい」といった場合は、頭金ゼロを選択せざるを得ないかもしれません。
住宅は早い者勝ちなので、「頭金がないので、5年間貯めてから購入しますね」などといった悠長なことは言ってられません。
その間に、他者に購入されてしまう可能性が高まります。
頭金ゼロでしたら、そのような心配なく、即座に欲しい物件を購入できます。

頭金ゼロのデメリット

頭金ゼロの2つのデメリットをお伝えします。

デメリット1.頭金ありに比べて、金利が高い場合がある

また頭金ゼロの場合、金利が高くなることもあります。
というのも、住宅金融支援機構「フラット35」では、10%以上の頭金を用意した人の金利は低くなるよう設定されているからです。
金利が低いほうが、月々の返済額は安くなります。
毎月の返済金額が高いと、返済が滞るかもしれません。
出費を抑えたい場合は、頭金を用意しておくことをおすすめします。

デメリット2.ローンの審査において不利

頭金ゼロの場合、ローンの審査においても不利になる可能性があります。。
というのも、頭金ゼロだと、借入額が大きくなるので返済負担率が高くなり、金融機関の判断も厳しくなる傾向にあります。
住宅ローン審査では、年収の高い低いではなく、確実に完済できるかを重視しています。
住みたい物件を購入するためには、ローン審査の面からも、ある程度の自己資金を用意したほうがいいでしょう。

住宅ローンの流れ

本記事では、住宅購入における頭金の平均金額についてご紹介しましたが、住宅ローンを申請する場合、どのような流れで進めればよいのでしょうか?
別記事の「住宅ローンの流れを解説!必要書類や申請にかかる費用について」にて詳しくご紹介しております。ぜひご覧ください。

住宅購入時は頭金の額にも気を使おう

住宅購入時の頭金についてお伝えしました。
頭金を入れると月々の返済額を減らせるメリットもありますが、万が一に備え手元に残す額も考えておきましょう。
住宅ローン控除も上手く活用し、頭金の額を決めるのもよいでしょう。
ソウハウスでは、頭金も含めて、住宅購入に関する相談を受け付けています。
札幌市内・近郊で新築建売住宅をお探しの場合は、ソウハウスまでご相談ください。

関連記事

建売住宅の人気の間取りとは?意識するポイントもご紹介

新築の内装デザインの種類とその決め方

建売住宅の購入から引き渡しまでの流れ